明るい周波数(明るい心)は呼吸法で決まる

こんにちは。Yokoです。

毎回、「癒し」と「変容」のコツをお伝えしています。

今日は、明るい周波数・・つまり、”明るい心”でいられる為の呼吸法の秘訣をお伝えします。

呼吸法とその実践に、ちょっとしたコツをつかんでいただくと、人生は明るく、見通しの良い、素晴らしものに変わっていくでしょう!最後までどうぞご覧くださいね。

呼吸は深くゆったり、リズミカルに

もしも、ゆっくり呼吸する犬がいたとしたら、人間と同じくらい長生きしたり、その頭脳は明晰なのでは!(笑)と良く思います。

なぜって、ハアハアと短い呼吸よりも、深く長い呼吸が、健康・長寿、そして、一瞬にしてすべてを理解できる明晰さにつながるから。そしてもちろん、明るい心でいられるはず。

だから、呼吸は深く、ゆったり、リズミカルに行いましょう。そのやり方の一例をご説明しますね。

無意識呼吸を止めて、意識的な呼吸をする

そもそも、呼吸にかかわる筋肉は、不随筋(自分の意志で動かせない筋肉)でありながら随意筋(意識下で動かせる筋肉)でもあるんですね。だから、意識的に呼吸だけに集中して行います。

ところで、ヨガにはプラーナヤーマという呼吸法があります。機械的なトレーニングというのを通り越した、一言で言ってしまえば、悟りの為の行法なんですね。

このプラーナヤーマはいわば、呼吸することを味わいながら行います。宇宙に遍満する”プラーナ”をいただき、それが体内に取り込まれる様子、息が出ていく様子を、呼吸だけに意識を集中して行います。

呼吸法のやり方

呼吸法は、いつでもどこでも行えますが、無理はしないということ、そして自分に合う呼吸法を見つけたら、日々継続して行うと良いと思います。

吸気

1,2,3,4,5,6とカウントしながら吸い入れます。(両鼻から。この時、鼻腔、喉、食道、肺、腹部に入っていく様子を心の目で見ながら)

止息

息を吸い終わったら、止息です。1,2,3,4,5,6とカウントしながら息を止めます。(この時、横隔膜を少し引き上げるとうまくクムバカ(止息)できます。

息を止めるということは、プラーナ(簡単に言うと酸素)を体内に留めること(長時間、エネルギーとして体内に蓄えられます)ができるので大変パワーが出てきます。

呼気

1,2,3,4,5,6とカウントしながら息を吐きます。(両鼻から。膨らんだ風船がしぼんで行くようなイメージで。この時、口からは吐きません。)

この呼吸法を続けます。10分~15分でも。慣れてくれば、部屋を掃除しながら、または歩きながら、簡単な作業をしながら30分からまたそれ以上でも可です。

また、呼吸のカウントは、6の代わりに3でもいくつでも大丈夫。無理のない長さで、無理のない数のカウントが良いですね。

森の中を歩きながら呼吸法しよう!

いつでもどこでもできる呼吸法。森や公園の中、つまり樹木が茂っているところを歩きながらはけっこうお勧めです。(その場合、頑張りすぎずにゆったりと行いましょう)

自然の領域に入る時に、是非、森や公園の大自然に(心の中ででも)挨拶をしましょう。

すると、どうでしょう。しばらくして、自然とあなたはもう一体になっているのに気づいたり、木々がそのオーラであなたを包むでしょう。木の精霊がその名前を伝えてくれることもあるでしょう。

それは、呼吸法によって高められた意識、明るい心に呼応する自然という世界へ足を踏み入れたということなのですね~。もちろん、人間社会への平和な関係も呼吸法によって創られることでしょう。

明るい周波数へ導く、呼吸法、是非やってみて下さいね。

******

ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると嬉しいです♪

↓ ↓ ↓

明るい周波数への第一歩・・半身浴

明るい周波数への第一歩・・半身浴
~心と身体を温める半身浴~

こんにちは。Yokoです。

エネルギー体として(肉体としても)、常に振動している私たち。その振動の中には、心地良いものも心地良くないものもあります。

このブログでは、最も居心地よく、自分らしく居られて、しかも、魂の目的(自己実現)を自由自在に追及できる状態を、「明るい周波数」と定義してみます。

「明るい周波数」とは?

そしてその、「明るい周波数」でいられるにはコツがあります。

私、Yokoが実践済みの、”これはいい!”と思ったものを、いくつかシリーズでお伝えしていこうと思います。参考になるものがありましたら是非ご活用下さいね。初回は、”心と身体を温める半身浴”です。

と身体を温める半身浴

半身浴は、誰にでもできて(時間さえ取れれば)、身体と心も同時に温める入浴法です。高温の入浴と比べると、湯冷めをせず、内臓を芯から温め、発汗により解毒もされることから、大変リフレッシュして健康になります。

半身浴で、ゆっくりじっくりと身体を温めることにより、軽い鬱も(温まった心に鬱は住めない)、ちょっとした冷えや腰痛も解消されたりもします。

半身浴のやり方

では、具体的に半身浴のやり方をご説明しますね。以下のポイントを外さずにやっていただければ、必ず良い結果が得られることと思いますので、まだの方は是非、やってみてくださいね。

ポイント1.ふろ場の温度:

浴室暖房でふろ場を温める(できるだけ温かく。私は28度位でちょうどいいです。)、暖房がない場合は、上半身しっかり着込む。

ポイント2.お湯の温度:

ぬるま湯38度~39度(冬場の場合40度まで)

ポイント3.半身だけつかる:

(みぞおちから下のみ。当然、肩から腕はお湯から出します。浴槽が深い場合は、お風呂イスを浴槽の中に入れて腰掛けましょう。

ポイント4.お湯が冷めないように:

お風呂の中に浸かったらバスタブの蓋で、湯の温度が下がらないようにしっかり蓋をする(蓋の上に手を出せば読書も可)

ポイント5.体が冷えないように:

タオルを肩からかけておく

ポイント6.半身浴の時間:

時間は30分前後(自分のベストタイムで)あとは、じっくり汗が出てくるのを待ちます。(室温が低かったり、体調がよくない時は汗が出ない場合もあります。)

※事前に、汗が出やすいようにハーブティや白湯等を飲んでおくと良いですよ。

まとめ

半身浴で、自然に、心と身体は明るい周波数に満たされていきます。そうするとそれは、体調が良くなるばかりか、魂の喜びを表現、体験しながら生きる大きなサポートになることでしょう!

☆今日の格言(笑):『温まった心にウツはない。温まった身体(内臓)に病気はない。』

******

ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると嬉しいです♪

↓ ↓ ↓

周波数を変えれば何にでもなれる☆ギャラクティックレイ

ギャラクティックレイ

こんにちは。Yokoです。

今日は、振動数(周波数)を変えればあなたは希望するどんな状態にもなれる。というお話と、周波数(振動数)を変化させて行く方法をお伝えします。

振動数(周波数)を変えれば何にでもなれる

周波数(振動数)とは存在のあり方です。周波数を変えればどんな状態にも変われるという、一つの例をお話しますね。

カスタネダの師匠のドンファンは、高齢の老人でした。ですが、カスタネダよりも敏捷でパワーにあふれたナワール(シャーマンの長)でした。そのドンファンとカスタネダが車で町に向かった時のことです。

カスタネダよりもはるかにパワフルな師匠が、突然、息も絶え絶えの認知症老人になってしまったのです。医者に連れて行かねばとあせる弟子、カスタネダ。

ドンファンはそれでも、あるレストランへカスタネダを連れて行く。するとそこでは、「おじいちゃん、また来たの。いらっしゃい。」みたいなやさしい扱いをウエートレスから受けているではありませんか!

どうやら、このレストランに来る時はいつもこんな頼りない老人として来ていたようです(笑)。何の為に?(笑)

いつもとは全く違ってしまったドンファンにとまどいながら、食事をして車に戻った時のことです。突然笑いながらドンファンは、元の若々しい老人に戻るのです。「驚いているようだが、振動数を変化させれば、何にだってなれるんじゃよ。」と。

ま~、こちらの例は、今よりも美しく、健康で、進化した変容のお見本ではありませんでしたが、それでも、生命が周波数の変化によって、いかに変容(ドンファンの場合はメタモルフォーゼですね)できるものなのか分かっていただけたかと思います。

周波数を変えるには?

周波数を変えていくには、ドンファンが用いたシャーマニックな技法や、他の秘境的な技法、瞑想を通して、あるいは内観を通して周波数(振動数)を変えていったりと方法はいろいろあります。

また、だれでも簡単、確実に高次元からの周波数を受け取れるアチューンメントという方法もあります。今日は、アチューンメントの中から、ギャラクティックレイをご紹介しますね。

ギャラクティク・レイ(ヒーリング)アチューンメント

ギャラクティックレイヒーリングは、最もアクセスしにくいセントラルサンからの純粋でパワフルなエネルギーをチャネリングにより降ろし、エーテル体にシンボルを入れていく手法をとります。

いくつもの宇宙の光線(周波数)を受け取ることによってあなたの現在の周波数(振動数)を高次元の周波数に変えていきます。

意識の進化や、肉体的な健康、ライトボディの活性化など、さまざまな恩恵を受け取っていただくためのアチューンメントです。以下、全部の光線(周波数)を受け取ることができます。

スピリットの光線として、

・変容と変質のパープル・レイ(紫の光線・アルケミー・レイ)
・情熱のレッド・レイ(赤の光線)
・直感のイエロー・レイ(黄色の光線)
・知性のブルー・レイ(青の光線)

ソウル・レイ(魂の光線)として、

・ヒーリングのグリーン・レイ(緑の光線)
・ロマンスのピンク・レイ(ピンクの光線)
・再創造のインディゴ・レイ(インディゴの光線)
・ミステリー(神秘)のグレー・レイ(灰色の光線)

フィジカルボディ・レイ(肉体の光線)として、

・ガイアのブラウン・レイ
・明晰さのクリスタル・レイ(透明な光線)
・高貴のゴールド・レイ(黄金の光線)
・新しい始まりのブラック・レイ(黒の光線)

シーリング・レイ(封印の光線)として

クライスト・コンシャスネス・レイ(キリスト意識の光線)

ギャラクティックレイヒーリング

 

 

ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると嬉しいです♪

↓ ↓ ↓

大天使カマエル~勇気と行動力~

大天使カマエルの勇気と行動力

大天使カマエルは、勇気と行動力をサポートする大天使です。現代は情報が豊富にある時代、どうしても頭で考えてそれで終わってしまいがちな所もあるかも知れません。でも、行動しましょう。勇気を持って!これからお話するミラレパのように!

勇気と行動力の物語

若きミラレパ(伝説のチベットの聖者)は、やっと師事した師匠から、家を一軒建てるように言われます。一人で。最初の土台から。

言われるがままにミラレパは、大変な苦労をして家を建てるのです。出来上がった家を見て、師匠は満足そうに言います。「うむ。いい出来だ。では、今度は、これを全部、跡形もなく壊すように。」

ミラレパは、え~っ!!と思ったけれど、師匠には逆らえません。苦労して建てた家を壊します。大変でしたがやっと作業を終えて師匠に告げると、師匠は、「うむ。では、今度は、ワシの息子用の家を建てるように。」と言うではありませんか!

またもや、エ~ッ!と思いましたが、この師匠の元で最後まで学ぶということを決断していたので、黙々と、もう一軒建てるのですね。

できあがると、師匠がやってきて、「うむ。では、これをまた壊して、更地にせい。」と言うではありませんか。こんなやりとりが、これでもかと、何回も続くのです。

師匠が教えたのは人生そのもの

永遠かと思われた家を作る→壊す→作る→壊すの作業でしたが、ある時、建て終わった家を見て、師匠は「これでいい。卒業だ。」と言ってくれます。

せっかく築き上げたものも、壊さなくてはならないという、人生そのものを、あるいは輪廻(生まれては死ぬことの繰り返し)そのものを、ミラレパは、この出来事を通して最後に悟ることができたのです。

しかし、なぜ、ミラレパは、家を作っては壊すという、無尽蔵とも言えるパワーがあったのでしょうか?

ミラレパが使ったのはゲブラ―(火星)のエネルギー

さて、今日のポイントです。作っては壊すという、気の遠くなるような作業を続けたミラレパのパワーの秘密です。

ミラレパは、カバラで言うところの火星の燃えるようなエネルギーを使ったと言えます。1度決断したら、勇気と行動力で、ゴーッと突き進んでいくのが火星(ゲブラ―)のパワーです。

火星天球(ゲブラー)の守護者、大天使カマエルのエネルギーでもあります。大天使カマエルのエネルギーは、不可能を可能にする位、爆発的な推進力のエネルギーで、勇気と行動力を与えてくれます。

大天使カマエルの愛

火星のエネルギーは、恐れられることも多いのです。それはその強烈な推進力によるものですが、もし暴力と言う形にそれが出てしまえば、ネガティブな面を使用してしまったと言うことになります。

しかし、火星(ゲブラー)のエネルギーを、適切な目的の為に使用するならば、奇跡のエネルギーとなるでしょう。そのために、火星そのものよりも、火星の守護者、大天使カマエルのエネルギーが良いのですね。

なぜなら、大天使カマエルは、勇気、行動力、決断、判断、パワーと共に、実は大変優しく、愛のエネルギーにも満ちているからなのです。

Yokoからのお勧め

そんな、愛と情熱に満ちた大天使カマエルのエネルギーを受け取ってみましょう。遠隔アチューンメントです。

大天使カマエルの”勇気と行動力”のヒーリングアチューンメント

 

ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると嬉しいです♪

↓ ↓ ↓