絶対に ためらわない現実化の方法

絶対にためらわない現実化

自分の思いを現実化させたいなら、絶対にためらわないことが必要です!タクシーに乗って、「ヘーイ、成田へやって!いや、新宿にしようかな~」なんて絶対ダメ。行先は、1本に絞ってね。

絶対に、ためらわない現実化の方法

現実化のコツは、ためらわないこと。葛藤を手放し、自己の聖なる意図に注意を向けて、そして、サポートを受けることを自分に許すことだと、ゲリーボーネルさんはその著書で言っています。

以下、「アトランティスの叡智」ゲーリーボーネル著から抜粋。

1.自分はだれであり、何故地上にいるのかを思い出すこと。

(毎朝思い出してね)

2.一日の始まりに、自分を助けてくれる存在たちに呼びかけ集まってもらう。

地球のスピリットとロゴスに、現在から未来のビジョンが明確になるよう頼む。すると、間違のないスピリチュアルな存在が集まって来てくれる。

3.葛藤を手放すこと。

現実化をするにはバランスが取れていることが大切。(心の中で内部紛争してたらダメ。まとまるものもまとまらないですから。葛藤を手放し、心を1本にしましょう。)

4.まだない物の物質化を試みる時、自分自身の真の意図に注意を向ける。

それが、波動を決め、プロセスしながら、引力の法則の引き寄せが始まる。

5.すでに、現実化された状態をはっきりと視覚化する。

見て、感じて、聞いて、味わって、香りを嗅ぐのです。(先取りですね!)

6.声のパワーを使って、外からの援助を要請します。

この世界を熟知しているアバター、天使、エレメンタル(精霊たち)に、援助を要請しましょう。彼らはあなたの指示を、仕事だと思って待ち構えています。(これ、本当ですよ!)

7.ためらわずにはっきり現実化したいものを宣言しよう。

(同居の家族に大きな声でビックリさせないようにね。笑)

8.願いは1回だけ言えば良い。明確に。

(何回もしつこいのはダメ。なにごとも、思い込みが深すぎるのはかえってダメなんですよ。)

9.集まってくれた存在たちに感謝を述べる

今日の所はさよなら。又明日。と、感謝を述べます。

まとめ

私たちは、決して一人ではない。サポートしてくれる存在がいます。スピリットとしての自分に還る時、聖なる自分のハートの部屋から、サポートしてくれる存在たちと共同創造しているのです!

 

Yokoからのお勧め個人セッション

透視リーディング+「現実実現ワーク」

********

ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると嬉しいです♪

↓ ↓ ↓

「許し」は、カルマを退ける!

前回のブログでは、エゴがカルマを作っていた!と、カルマの発生原因とその対処法のお話でした。さて、カルマ解消4つの方法シリーズ、最後は、「許し」です。

まず一番に自分自身を「許して」上げて欲しい

エステを教えていた時のことです。大手のエステサロンの教育部だったので、たくさんのエステティシャンになろうという人達が入学してくるわけなんですが、10人10色といいますが、それこそいろんな人がいるんですね。

あるBさんと言う人がいて、明るいが、技術もマナーも接客業としては無理なのでは?というレベルの人がいました。

さて、教育期間が終わり、卒業の日、皆、一言づつ挨拶をする時になりました。大抵、「お世話になり、ありがとうございました。私はまだまだ未熟かもしれませんが、一生懸命やっていこうと思います。」と言う感じのあいさつが多い中、

Bさんは一言、言いました。「こんなにがんばった自分をほめてあげたい。」と!(笑)

「こんな自分でもいい」のだ!

あっぱれ!Bさんは、見事に自分を許しています。そりゃあ、他のエステティシャンと比べて動きはもたもたしているし、技術もうまいとはいえない。。そんなことは、自分が一番良く知っているはず。注意されてばかりいましたから。

社会的な評価で、仕事の能力が高くなければ、こんな自分なんて。となる所ですが、「こんな自分でもいい。」と、もう許しているんですね。

そしてエステティシャンとしてやっていこうという許可を自分に与えている。それが、「こんなにがんばった自分をほめてあげたい。」だったのでしょう。

こういう人が、こういう大変な業界で、長続きするんだな~。技術もずっと続ければなんとかなったりするものです。

自分を許し、許可して行こう

人生、自分を許し、許可して行くことの他に何がある? と思うくらい大切なことだと思うんです。自分を許すということは、自分に厳しすぎないということ。

自分に許可するとは、自分が自分にかけた、あるいはかけようとしている呪縛(悪いカルマへ向かう呪縛)を解くことでもあります。何があろうとも、自分を許し、励ましていこうではありませんか!すると、悪いカルマは退いていくものです。

まとめ

以上、カルマをどう解放していくかという重いテーマを、ちょっぴり軽く(笑)、4回シリーズでわかりやすくお伝えしました。他のページもどうぞご覧ください。 ↓

カルマ解消法~お勧めしたい4つの方法

悪いカルマを作らない方法

カルマ解消の早道~受容(あるがままに生きる)

「許し」はカルマを退ける

 

Yokoからのお勧め個人セッション

全カルマ解除・完全コース(透視リーディング+全カルマ解除+現実実現ワーク)

********

ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると嬉しいです♪

↓ ↓ ↓

カルマ解消の早道~受容(あるがままに生きる)

カルマ解消の早道~受容

前回のブログでは、悪いカルマを作らない方法をお伝えしました。今回は、カルマ解消の早道です。

「え!?そんな、カルマ解消の早道なんてあるの? 」と思われるかも知れませんが、あるんです。それが。それは、受容(あるがままに生きる)なんです。

カルマ解消の早道「受容」とは

受容とは、「何が来てもいいじゃない。それが人生だから。」と、やってくる良いことも悪いことも全てを受け入れていく方法です。良いことがやってきても、悪いことがやってきても、全て受け入れて生きると言うことなんです。

「良いことはともかく、悪いことも受け入れて生きるなんて、とてもそんな事、できないわ。」と言う方の為に、じゃあ、カルマというものが、何故発生するのかと言うところから見ていきましょう。原因がわかれば、解決法も見えてきますから。

カルマは何故、発生するか?

インドの覚者、ラマナマハルシは、カルマが何故発生するのかを的確に表現しています。ラマナマハルシの言葉を以下に引用してみます。

「あるがままに~ラマナマハルシの教え」から

質問者:この身体が終わるまで続くと言われているプラーラブダ・カルマを、身体が存在する間に克服することができるでしょうか?

マハルシ:できる。カルマは、身体と真我の間に生じた自我と呼ばれる行為者に依存している。自我がその源のなかに溶けて姿を消してしまえば、それに依存しているカルマも生き残ることはできない。それゆえ、「私」がないところにはカルマもない。

カルマはエゴの幻影だった!

生きているうちにカルマから離れ自由自在な領域に行かれますか?という質問に対して

ラマナマハルシは、「カルマは自我が作り出した幻影なんだよ。だから、本当の自己(真我)に帰れば幻影(カルマ)は消えるんだよ。」と答えています。(ま~、悟ったらカルマは消えるんだよ。と言うことですね。)

受容(あるがままに)を生きる

カルマの発生原因は、自我(エゴ)でした!自我(エゴ)が、カルマを作り出していたのでした!

では、逆に、自我(エゴ)を滅する生き方をしてみたらどうでしょうか? 何でも受け入れて生きてみてはどうでしょうか?

幸せなことがやってきたら、ああ、ありがたい。不幸なことがやってきたら、仕方ないか。と、あるがままを受け取って生きてみる。

良いこと(幸)、悪いこと(不幸)は、人生というコインの裏表。両方があって人生が成り立つのだというものの見方をしていったら?

真我に近く生きる~カルマ解消の早道

やって来る全てをあるがまま「受容」していく、そんな生き方もあると、心のどこかで覚えておきましょう。

人生の全体性を視野にいれた大らかな生き方は、自我(エゴ)よりも真我(しんが)に近いものです。きっと、カルマ解消の早道になることでしょう~♪

次回につづく

Yokoからのお勧め個人セッション

全カルマ解除・完全コース(透視リーディング+全カルマ解除+現実実現ワーク)

********

ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると嬉しいです♪

↓ ↓ ↓

悪いカルマを作らない方法

悪いカルマを作らない方法

前回のブログでは、もう作ってしまったカルマを「償い」により解消する方法をお伝えしました。今回は、最初から悪いカルマを作らない方法です。

悪いカルマを作らない方法とは?

どうすれば悪いカルマをできるだけ作らないで済むでしょうか? それは、あることを「知る」そして、それを「信じる」ことだけで良いのです。その、あることと言うのは・・

宇宙的な愛を知って、信じる心

芥川龍之介の有名な「クモの糸」を引用してみます。これは、「宇宙的な愛を知って、信じる」の真逆な人の話です。

天国からのクモの糸

ある悪人が、死んだあと地獄へ。極悪人であったけれども一度、クモを殺さずに助けたことがありました。神は天国からこの男を見て、クモを助けたことへの報いとして、地獄に救出の為の1本のクモの糸を垂らすのです。

男はこれを見て、助かったとクモの糸をよじ登ります。が、しかし、下を見ると、地獄にいたたくさんの人々も助かろうと後から後からよじ登ってきます。男は、クモの糸が切れてしまうことを恐れ、後から来る人々を蹴落とします。神はこれを見て、「だめだ、こりゃ。」と、垂らしていたクモの糸を手放してしまいます。というお話です。

カルマの報い

これは、良いカルマへの報い(クモを助けたので、助けてもらえる)と、悪いカルマの報い(他者を蹴落として自分だけ助かろうとする。そして生前の悪行も)とも言えるストーリーですね。

ここで、もしその男が、宇宙(神)の愛というものがあると言うのを知っていたならどうなったでしょう。違うバージョンで見てみましょう。

地獄で、1本のクモの糸が目の前に降りてきた時、こんな自分にも神の救済がやってきた。ありがたいことだ。と、感謝の念いっぱいで、まっすぐ天国をみつめながら上がって行ったとします。感謝の心に満たされているから、もしこのクモの糸が切れてしまったら・・というような恐怖はなく、一心不乱に天国に到達できていたかも・・知れません。

感謝が全て

そう、宇宙的な愛を「知り」、それを「信じて」いれば、生かされていることへの感謝の気持ちが湧いてきます。感謝の気持ちを持ち続けるとは、圧倒的なパワーです。

本人が意図しなくとも、全てのネガティブな感情が消えるものです。ゆえに、悪いカルマを遠ざけることになるでしょう。だから、宇宙的な愛を知って、信じていきましょう!

カルマの解消法4つの方法のうち、2回目の今回は、宇宙的な愛の存在を「知る」でした。次回は「受容」です。

次回へつづく

Yokoからのお勧め個人セッション

全カルマ解除・完全コース(透視リーディング+全カルマ解除+現実実現ワーク)

********

ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると嬉しいです♪

↓ ↓ ↓