カルマ解消の早道~受容(あるがままに生きる)

カルマ解消の早道~受容

前回のブログでは、悪いカルマを作らない方法をお伝えしました。今回は、カルマ解消の早道です。

「え!?そんな、カルマ解消の早道なんてあるの? 」と思われるかも知れませんが、あるんです。それが。それは、受容(あるがままに生きる)なんです。

カルマ解消の早道「受容」とは

受容とは、「何が来てもいいじゃない。それが人生だから。」と、やってくる良いことも悪いことも全てを受け入れていく方法です。良いことがやってきても、悪いことがやってきても、全て受け入れて生きると言うことなんです。

「良いことはともかく、悪いことも受け入れて生きるなんて、とてもそんな事、できないわ。」と言う方の為に、じゃあ、カルマというものが、何故発生するのかと言うところから見ていきましょう。原因がわかれば、解決法も見えてきますから。

カルマは何故、発生するか?

インドの覚者、ラマナマハルシは、カルマが何故発生するのかを的確に表現しています。ラマナマハルシの言葉を以下に引用してみます。

「あるがままに~ラマナマハルシの教え」から

質問者:この身体が終わるまで続くと言われているプラーラブダ・カルマを、身体が存在する間に克服することができるでしょうか?

マハルシ:できる。カルマは、身体と真我の間に生じた自我と呼ばれる行為者に依存している。自我がその源のなかに溶けて姿を消してしまえば、それに依存しているカルマも生き残ることはできない。それゆえ、「私」がないところにはカルマもない。

カルマはエゴの幻影だった!

生きているうちにカルマから離れ自由自在な領域に行かれますか?という質問に対して

ラマナマハルシは、「カルマは自我が作り出した幻影なんだよ。だから、本当の自己(真我)に帰れば幻影(カルマ)は消えるんだよ。」と答えています。(ま~、悟ったらカルマは消えるんだよ。と言うことですね。)

受容(あるがままに)を生きる

カルマの発生原因は、自我(エゴ)でした!自我(エゴ)が、カルマを作り出していたのでした!

では、逆に、自我(エゴ)を滅する生き方をしてみたらどうでしょうか? 何でも受け入れて生きてみてはどうでしょうか?

幸せなことがやってきたら、ああ、ありがたい。不幸なことがやってきたら、仕方ないか。と、あるがままを受け取って生きてみる。

良いこと(幸)、悪いこと(不幸)は、人生というコインの裏表。両方があって人生が成り立つのだというものの見方をしていったら?

真我に近く生きる~カルマ解消の早道

やって来る全てをあるがまま「受容」していく、そんな生き方もあると、心のどこかで覚えておきましょう。

人生の全体性を視野にいれた大らかな生き方は、自我(エゴ)よりも真我(しんが)に近いものです。きっと、カルマ解消の早道になることでしょう~♪

次回につづく

Yokoからのお勧め個人セッション

全カルマ解除・完全コース(透視リーディング+全カルマ解除+現実実現ワーク)

********

ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると嬉しいです♪

↓ ↓ ↓

悪いカルマを作らない方法

悪いカルマを作らない方法

前回のブログでは、もう作ってしまったカルマを「償い」により解消する方法をお伝えしました。今回は、最初から悪いカルマを作らない方法です。

悪いカルマを作らない方法とは?

どうすれば悪いカルマをできるだけ作らないで済むでしょうか? それは、あることを「知る」そして、それを「信じる」ことだけで良いのです。その、あることと言うのは・・

宇宙的な愛を知って、信じる心

芥川龍之介の有名な「クモの糸」を引用してみます。これは、「宇宙的な愛を知って、信じる」の真逆な人の話です。

天国からのクモの糸

ある悪人が、死んだあと地獄へ。極悪人であったけれども一度、クモを殺さずに助けたことがありました。神は天国からこの男を見て、クモを助けたことへの報いとして、地獄に救出の為の1本のクモの糸を垂らすのです。

男はこれを見て、助かったとクモの糸をよじ登ります。が、しかし、下を見ると、地獄にいたたくさんの人々も助かろうと後から後からよじ登ってきます。男は、クモの糸が切れてしまうことを恐れ、後から来る人々を蹴落とします。神はこれを見て、「だめだ、こりゃ。」と、垂らしていたクモの糸を手放してしまいます。というお話です。

カルマの報い

これは、良いカルマへの報い(クモを助けたので、助けてもらえる)と、悪いカルマの報い(他者を蹴落として自分だけ助かろうとする。そして生前の悪行も)とも言えるストーリーですね。

ここで、もしその男が、宇宙(神)の愛というものがあると言うのを知っていたならどうなったでしょう。違うバージョンで見てみましょう。

地獄で、1本のクモの糸が目の前に降りてきた時、こんな自分にも神の救済がやってきた。ありがたいことだ。と、感謝の念いっぱいで、まっすぐ天国をみつめながら上がって行ったとします。感謝の心に満たされているから、もしこのクモの糸が切れてしまったら・・というような恐怖はなく、一心不乱に天国に到達できていたかも・・知れません。

感謝が全て

そう、宇宙的な愛を「知り」、それを「信じて」いれば、生かされていることへの感謝の気持ちが湧いてきます。感謝の気持ちを持ち続けるとは、圧倒的なパワーです。

本人が意図しなくとも、全てのネガティブな感情が消えるものです。ゆえに、悪いカルマを遠ざけることになるでしょう。だから、宇宙的な愛を知って、信じていきましょう!

カルマの解消法4つの方法のうち、2回目の今回は、宇宙的な愛の存在を「知る」でした。次回は「受容」です。

次回へつづく

Yokoからのお勧め個人セッション

全カルマ解除・完全コース(透視リーディング+全カルマ解除+現実実現ワーク)

********

ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると嬉しいです♪

↓ ↓ ↓

カルマ解消法~お勧めしたい4つの方法

カルマ解消法~お勧めしたい4つの方法
こんにちは。スピリチュアルヒーリング<ラヴェンドール>のYokoです。

今日は、カルマの解消法を、より幸せになっていくための方法として、いくつかご紹介したいと思います。

まず、上の写真をご覧ください↑「若い女性とハトの群れが飛び立つ」写真です。多くのカルマを手放すと、こんな感じになるかな~と思います。(笑)

多くの縛りを解き放つと、人は、エネルギーに満ち溢れるものです。ご自分にできるカルマの解消法があれば、是非、やってみましょう。

カルマとは

カルマとは、因果応報、つまり、自分の行為の結果を受け取ると言うことです。良いことをすれば、良い報われ方をする時がやって来るし、悪いことをすれば、また然りです。

カルマは公平なシステム

弱いものいじめのお代官が、農民から搾取して、自分だけ甘い汁を吸っていたとします。このお代官、今は裕福で楽しいかもしれませんが、そのうち、晩年か、次の生まれ変わりかで、今度は、逆の立場に立たされることでしょう。このように、カルマはバランスを取る為の公平なシステムでもあります。

カルマを生み出すものはまた、つい陥ってしまうパターンでもあり、地球で生きると言うことは、カルマと共に人生を歩むということでもあります。

では、私達は、カルマに縛られ、夢も希望もないのか? というと、そうでもなく、解消法もあるのです。

4つのカルマ解消法

カルマを少しでも解消していく、お勧めしたい4つの方法があります。それは、「償い」、「知る」、「受容」、「許し」 です。順番に説明しますね。

〉償い(つぐない)法

「償い(つぐない)」とは、気持ちさえ向ければ、だれにでも悪いカルマを良いカルマで打ち消すことができる方法です。

たとえ、見知らぬ人でも良いから優しい言葉をかけていくこと

「あなたの番です」というドラマがありますが、その中で某マンションの一人の住人がこう言います。「私は、ネガティブでひどい言葉を聞いてしまった時、その後に2つのやさしい言葉を他の人にかけてあげるようにしてるの。」と。

あなたがもし、ひどいことを他の人にしてしまったり、言ってしまい、大変なことをしたと思ったら、一番いいのは、当人に誤りにいくことです。が、しかし、その相手がもう他界していたり、状況が許さない時は、当人ではなく、他の人(たまたま出会った見知らぬ人でも良いから)にやさしい言葉をかけてあげる。これも、悪いカルマを良いカルマで打ち消していく(償っていく)一つの方法です。

また、大変な悪いカルマを持った人でも、この「償い」により、え? そんなことが実際可能なの? と思われるくらいの運命のどんでん返しもできるのですね。その経緯をお話しますね。

ミラレパのカルマどんでん返し

その昔、チベットに聖者ミラレパという人がいました。ミラレパは、裕福な家庭に育ったボンボンだったのですが、親戚の叔父たちのたくらみにより、財産をすべて奪われ、両親、家族を殺されてしまいます。一人残ったミラレパは復讐を誓うのです。こんなひどいことをされれば誰だって復讐したいと思いますよね。実行するしないは別として。

ミラレパのすごいところは、復讐を徹底的に実行してしまったことなのです。彼は、黒魔術師に弟子入りし、黒魔術の力を借りて竜巻を呼び起こし、自分の家族を滅ぼした、親戚一族を皆殺しにしてしまうのです。さて、ミラレパは、その後どうしたでしょうか?

ミラレパは家族の敵討ちをした後、自分が行ったカルマに対して、震撼するのです。「これだけのことをやったならば、自分は死んだら必ず地獄に行くだろう。」ということがわかっていたからです。

カルマの帳消し

ミラレパのすごいところは、ここからまた始まります。チベット中の聖者に弟子入りし、働き、学び、悪いカルマが帳消しになるよう命がけで修行にはげみます。それは普通であれば根を上げてしまう過酷なものだったのですが、背水の陣で(後ろには地獄しかないので)精進していくのです。

そして最後についに、生きながらアセンション(覚醒)を果たすのです。地獄行きが天国行きになるどんでん返しをミラレパは果たすのですね。

カルマだからとあきらめるのは早い!

だから、どんな時も、運命だから、カルマだからとあきらめるのは早いのです。どんでん返しと言うのは、起こり得るのですから、良い時はおごらず、悪い時は精進しようではありませんか。

次回につづく

Yokoからのお勧め個人セッション

全カルマ解除・完全コース(透視リーディング+全カルマ解除+現実実現ワーク)

********

ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると嬉しいです♪

↓ ↓ ↓